ボタンを押すを推す・・・?

アイドリングストップの大きなメリットは、環境🌏への配慮にも繋がる燃料の節約と排出ガスの排出量の削減です。不要なエンジンの回転を停止する分、停車時の燃料の消費は無くなる為節約に効果があります。また、アイドリング中に排出されていた排ガスの排出自体も止まります。

停車時間というと、信号待ちの時間などになると思いますので短時間ではありますが、燃料の消費量は、約0.2ℓ/10分停車の節約、排気ガスの削減量は約100g/10分と環境配慮にも意味がある数字となっています。🌳(*´∀`)

 

アイドリングストップをすることで、別に負担が発生するデメリットもありますΣ(゚Д゚) 

アイドリングストップ作動中に、エアコン・オーディオなどを利用していると、車はバッテリーに貯めていた電力を消費します。エンジン再始動の回数が増えるためバッテリーやオルタネーター、セルモーターに負担をかけることに。バッテリーの劣化スピードは通常の車の使用時に比べると早くなり、交換のタイミングも早くなり、メンテナンス・パーツ代もかかってきます💵。エンジンの再始動時の振動でゴム製部品・ベルト類も摩耗し、やはり劣化が早くなりやすいです。電源類のON/OFFも頻繁になり、制御系のECUなど、電装部品の不具合が起こりやすくなります。

つまり 交換や修理など維持費が余計にかかるのです。部品代も、《アイドリングストップ搭載車非搭載車》 で、高額です。💸

燃料の節約が出来たとしても費用面でカバーはちょっと難しいですね。^^;

実際自分自身で、アイドリングストップのON/OFFで燃費を比べてみましたが、OFFの方が4~5km/ℓ燃費が良かったという結果が出ました。おそらく、MT車なら、もっと燃費を良くすることが出来るでしょう。これもまた、だいぶ昔に実験済み・・・

(´・ω・)b ? 冒頭に書いたメリットと矛盾してます?